【2019年3月最新情報】
紹介キャンペーンで合計39,000ポイント獲得!!
SPGアメックスのメリット・デメリットを徹底解説

まもなく導入されるJAL国際線特典航空券PLUS!陸マイラーはチャンスで一般の方が大打撃か?

JAL国際線特典航空券PLUSの導入まであと4日となりました。

導入は12月4日(火)です。

注目していない人はよく分かっていない方も多いと思いますが、そのままだと今持っているJALマイルが使えずに終わってしまう可能性があります。

今回の記事ではJAL国際線特典航空券PLUSの内容のおさらいと、注意点をお伝えしたいと思います。




JAL国際線特典航空券PLUSの導入は2018年12月4日

システムの変更が12月4日(火)に確定しています。

あと僅かです。

JAL国際線特典航空券PLUSはJALの国際線をマイルで取ろうと思っている方は全員が影響する大きなルール変更になります。

AL国際線特典航空券PLUS(以下、PLUS)とは、これまでのJAL国際線特典航空券ではキャンセル待ちになるような場合でも、追加のマイルをいただくことで、特典航空券としてご利用いただけるサービスです。

これまでのJAL国際線特典航空券の必要マイル数(以下、基本マイル数)は変更なく、基本マイル数でご予約いただけるケースに変わりはありません。なお、一部路線においてはこれまでより少ないマイル数を設定いたしますので、おトクにご利用いただけます。

PLUS導入に伴い、予約変更などのルールを一部変更いたします。

このルール変更はメリットと感じる人もいれば、デメリットと感じる人もいると思います。

12月4日(火)以降にならないと、実際にそれぞれの渡航先にどれだけのマイル数が必要なのか詳細は分かっていません。

とはいえ今までよりも必要マイル数が増えるのは間違いないでしょう。

その分チケットを取れるという制度ですから。




一部の路線では開始時の最低必要マイルが減少

ほとんどが増えるのは間違いないのですが、一部の路線では通常時の必要マイル数が減少しています。

JALがこれを打ち出していますが、あくまでもこれはPLUS開始時の話。

シンガポールでいえば片道最大必要マイル74,000マイル

ホーチミンでいえば片道最大必要マイル67,000マイル

フランクフルトでいえば片道最大必要マイル135,000マイル

となるので、実際に搭乗したい時の必要マイルがいくつになるかがやはり重要です。

各路線の必要マイル数はこちら>>




JAL国際線特典航空券PLUSの導入に伴うその他の変更点

詳しくはこちらのページを見てください。

現在新ルール
旅行形態片道・往復(日本発、海外発、海外発日本経由旅程 *1)、
オープンジョー(行きの到着地と、帰りの出発地が異なるような旅程)
片道・往復 *1(日本発、海外発)、
オープンジョー(行きの到着地と、帰りの出発地が異なるような旅程)
利用区間往路・復路それぞれ
国際2区間、国内1区間まで
往路・復路それぞれ
国際1区間、国内1区間まで
利用クラス異なるクラスの組み合わせ可エコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネスクラス:異なるクラスとの組み合わせ可

ファーストクラス:異なるクラスとの組み合わせ不可(ファーストクラスとの組み合わせのみ可)

必要マイルエリア・クラスごとに設定路線・クラスごとに設定
エコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネスクラスは、PLUSを導入
キャンセル待ちエコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネスクラス:不可

ファーストクラス:可

予約変更不可
有効期限旅行開始日から1年間(特典発行日から1年以内に旅行を開始することが必要)予約便に限り有効
JAL国際線
利用制限期間
ありなし

※ファーストクラスは、PLUSの対象外です。

※予約を変更する場合は、ご手配済みの特典航空券を取り消し・払い戻しのうえ、新たにご希望の旅程でご手配ください。特典航空券の払い戻し時は、3,100円(税込)*の払戻手数料を申し受けます。

・利用区間→国際で1区間に

・予約変更→不可(3,100円がかかる)

12月3日(月)~12月4日(火)JAL国際線特典航空券の予約システムが停止

2018年12月3日~4日に予定している、JALホームページにおけるJAL国際線特典航空券予約のサービス停止について

 

JALグループは、2018年12月3日(月)~4日(火)に、JAL国際線特典航空券PLUSの導入にともないシステムの停止を予定しており、サービス停止期間は、JALホームページにおいて、JAL国際線特典航空券の予約、発券手続き、キャンセル待ち予約の変更、および、空席照会カレンダーがご利用いただけません。

JAL国際線航空券、JAL国際線アップグレード特典、提携社特典航空券のシステム停止はございません。

 

お客さまには大変ご不便をおかけし申し訳ございません。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

上記のシステム変更に伴い、JAL国際線特典航空券に伴うシステムが2日間停止します。

停止期間




陸マイラーはチャンスで一般の方が大打撃か?

JALマイルを貯めているマイラーにとっても必ず行きたいところに行けるのはメリットですが、必要マイル数が大幅に増えるのは間違いなくデメリットとなります。

よく考えてみると、一般の方よりもマイラーの方がJALマイルは貯まりやすいですし、持っているマイル数も平均的に多いはずです。

そうなるとマイラーよりも一般的にカード決済やちょっとした旅行のみで貯めている人の方がマイルを使えるチャンスが減ってしまうはずです。

JALがどんな意図で今回のようなシステム変更をするのか分かりませんが、あまりマイルを貯めることが出来ない人が大打撃を受けるような気がします。

そうなれば必要マイル数は増加しますが、マイラーにとってのライバルが減る可能性もありますね。

必要マイル数も12月4日と来年以降ではお客さまの状況をみて変わると思うのでその辺も注目していきたいと思います。

どのくらいマイルがある人は安泰なのか?

実際にどの程度のマイルが必要になるのか分からないのでまだ答えは出せないのですが、50万マイルくらい貯めれるようなマイラーになればある程度安泰なのかもしれませんねw←憶測w

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いよいよシステム変更目前となりました。

人気路線は私自身JALマイルでは取ることが出来なかったので、ちょっと期待している自分もいます。

皆さんにとっても良い結果になりますように!!

関連記事

改悪迫る!日程の変更は自由って知ってた?まだ間に合う、JAL提携航空会社特典航空券ルール変更前に発券する方法
貯めている人も意外と知らない?JAL特典航空券の変更点!あなたの知らない間にルールは変わっている
ANAマイルよりもJALマイルの方が使いやすい?それは嘘!旅行であなたはどこに行きたいの?
ハワイ島ホッピングには要注意!JALマイルを利用した格安ハワイ旅行の知っておくべきルール
格安ハワイ旅行に危機!?2歳以下の子連れは要注意!JALマイルを利用したハワイアン航空の正規運賃の落とし穴
マリオットポイントでハワイ往復航空券を早速発券!こんなに安くてほんとにいいの?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です