【2019年5月最新情報】
紹介キャンペーンで合計39,000ポイント獲得!!
SPGアメックスのメリット・デメリットを徹底解説

貯めている人も意外と知らない?JAL特典航空券の変更点!あなたの知らない間にルールは変わっている

皆さんJALやANAの航空会社のルール変更などは敏感に調べていますか?

ブログ等でも変更が発表されたタイミングでは記事が一時的に多くアップされるので、何となく記憶しているって人は多いと思いますが、いざルール変更のタイミングにはもう忘れていたり、実際にいつから変更になるなど分からない人も多いのではないかと思います。

本日JALのマイルを貯めている友人とお話をしたんですが、今後変更される件についての話をしたところ何も知りませんんでした。

今回の記事では、知らない人、または忘れている人に対してリマインドも含めてJALのルール変更箇所について簡単にお伝えしたいと思います。




JAL国際線特典航空券PLUSの導入:2018年12月~


大きな発表としては2018年12月より変更されるJAL国際線の特典航空券についてです。

AL国際線特典航空券PLUS(以下、PLUS)とは、これまでのJAL国際線特典航空券ではキャンセル待ちになるような場合でも、追加のマイルをいただくことで、特典航空券としてご利用いただけるサービスです。

これまでのJAL国際線特典航空券の必要マイル数(以下、基本マイル数)は変更なく、基本マイル数でご予約いただけるケースに変わりはありません。なお、一部路線においてはこれまでより少ないマイル数を設定いたしますので、おトクにご利用いただけます。

PLUS導入に伴い、予約変更などのルールを一部変更いたします。

このルール変更をメリットを感じる人もいれば、デメリットと感じる人もいると思います。

実際にはどれだけマイル数を増やせば行きたい場所へのチケットが取れるのかどうかが大きなポイントになると思います。

マイラー界隈の人は相当なマイルをもっていると思いますが、決済や飛行機搭乗だけで貯めている人はそこまで多くのマイルを持っていない可能性もあるので、ここは実際に始まってみたいなと何とも言えないかもしれません。




一部の路線では開始時の最低必要マイルが減少

JALがこれを打ち出していますが、あくまでもこれはPLUS開始時の話。

シンガポールでいえば片道最大必要マイル74,000マイル

ホーチミンでいえば片道最大必要マイル67,000マイル

フランクフルトでいえば片道最大必要マイル135,000マイル

となるので、実際に搭乗したい時の必要マイルがいくつになるかがやはり重要です。

各路線の必要マイル数はこちら>>

JAL国際線特典航空券PLUSの導入に伴うその他の変更点

詳しくはこちらのページを見てください。

現在新ルール
旅行形態片道・往復(日本発、海外発、海外発日本経由旅程 *1)、
オープンジョー(行きの到着地と、帰りの出発地が異なるような旅程)
片道・往復 *1(日本発、海外発)、
オープンジョー(行きの到着地と、帰りの出発地が異なるような旅程)
利用区間往路・復路それぞれ
国際2区間、国内1区間まで
往路・復路それぞれ
国際1区間、国内1区間まで
利用クラス異なるクラスの組み合わせ可エコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネスクラス:異なるクラスとの組み合わせ可

ファーストクラス:異なるクラスとの組み合わせ不可(ファーストクラスとの組み合わせのみ可)

必要マイルエリア・クラスごとに設定路線・クラスごとに設定
エコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネスクラスは、PLUSを導入
キャンセル待ちエコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネスクラス:不可

ファーストクラス:可

予約変更不可
有効期限旅行開始日から1年間(特典発行日から1年以内に旅行を開始することが必要)予約便に限り有効
JAL国際線
利用制限期間
ありなし

※ファーストクラスは、PLUSの対象外です。

※予約を変更する場合は、ご手配済みの特典航空券を取り消し・払い戻しのうえ、新たにご希望の旅程でご手配ください。特典航空券の払い戻し時は、3,100円(税込)*の払戻手数料を申し受けます。

人によって気になるポイントが異なると思いますが、個人的には以下の2点くらいですかね。

 

・利用区間→国際で1区間に

・予約変更→不可(3,100円がかかる)

兎にも角にも、行きたい場所に現実的なマイル数で行けることを願います。




JMB提携航空会社特典航空券の必要マイル数が変更:2018年11月20日9:00~

2018年11月20日 9:00(日本時間)より、JMB提携航空会社特典航空券およびワンワールド特典航空券交換時の必要マイル数が変更になります(新規予約が対象)。
変更前の必要マイル数は、2018年11月20日 8:59(日本時間)までのお申し込みに適用されます。
ワンワールド特典航空券の必要マイル数については以下をご確認ください。

提携航空会社一覧

アメリカン航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
キャセイパシフィック航空/
キャセイドラゴン航空
フィンエアー
イベリア航空
LATAM航空
マレーシア航空
カンタス航空
カタール航空
ロイヤルヨルダン航空
S7航空
スリランカ航空
エールフランス航空
アラスカ航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
大韓航空
中国東方航空
バンコクエアウェイズ

※ピンクのセルは必要マイル数が増加します。

提携社特典航空券は今までに比べて必要マイル数が大幅にアップします。

現在、私はハワイアン航空やカタール航空などを利用した発券を積極的に調べているので、結構な打撃を受けます。

詳しくはこちら>>

ワンワールド特典航空券の必要マイル数が変更:2018年11月20日9:00~

2018年11月20日 9:00(日本時間)より、JMB提携航空会社特典航空券およびワンワールド特典航空券交換時の必要マイル数が変更になります(新規予約が対象)。
変更前の必要マイル数は、2018年11月20日 8:59(日本時間)までのお申し込みに適用されます。
ワンワールド特典航空券の必要マイル数については以下をご確認ください。

ワンワールド対象航空会社

アメリカン航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
キャセイパシフィック航空
キャセイドラゴン航空
フィンエアー
イベリア航空
LATAM航空
マレーシア航空
カンタス航空
カタール航空
ロイヤルヨルダン航空
S7航空
スリランカ航空

※ピンクのセルは必要マイル数が増加します。

ワンワールド特典航空券はマイル数が増加する項目は提携社と比べて大分少ないのでそこまで影響はないように感じます。

詳しくはこちら>>




ハワイアン航空と提携:2018年10月1日~

先日JALとハワイアン航空が提携したことにより、提携社特典航空券でハワイアン航空のチケットを発券することが出来るようになりました。

大人気のハワイに今までよりも格段に行けるようになります。

さらに特典航空券は燃油代がかからないというすごくお得な路線となりますので、書いている記事を是非参考にしてみてください↓↓

マリオットポイントでハワイ往復航空券を早速発券!こんなに安くてほんとにいいの?
ハワイ島ホッピングには要注意!JALマイルを利用した格安ハワイ旅行の知っておくべきルール
【ハワイ格安旅行】大人気のハワイに夫婦で約1万円で行ける!?JALマイルを使用したハワイアン航空特典航空券の予約が10月1日よりスタート
格安ハワイ旅行に危機!?2歳以下の子連れは要注意!JALマイルを利用したハワイアン航空の正規運賃の落とし穴

国際線特典航空券 航空券取扱手数料変更:2018年12月19日~

JALにて新規で特典航空券の発券を承る場合、および発券後の変更を承る場合、以下のとおり航空券取扱手数料を申し受けます。
なお、発券後の変更は、差額(税金、料金などの増減)の有無に関わらず、手数料の対象となります。

2018年12月19日より航空券取扱手数料額を以下のとおり改定することといたしました。
ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

12月18日まで

日本:2,160円(税込み)

12月19日から

日本:5,400円(税込み)

自分自身でチケットを手配せず、JALに電話等で発券を依頼していた人は手数料が大幅にアップし改悪となります。




まとめ

いかがでしたでしょうか?

知らなかったこと、忘れていたことはありませんか?

常に情報に敏感な人はもちろん知っていることと思いますが、知らない人も多いと思いますので知人で知らない人がいたら是非共有してあげてください。

関連記事

ANAマイルよりもJALマイルの方が使いやすい?それは嘘!旅行であなたはどこに行きたいの?
幼児との家族旅行は断念か?JALマイルを使用したエミレーツ航空特典航空券について詳しく解説!
今がそのタイミングか?スターポイントをJALマイルへ移行!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です