【2019年5月最新情報】
紹介キャンペーンで合計39,000ポイント獲得!!
SPGアメックスのメリット・デメリットを徹底解説

新Marriott Bonvoyトラベルパッケージの利用はお得なのか?必要ポイント数を計算して詳しく検証

最近は全く話題にならなくなったMarriott Bonvoyのトラベルパッケージ。

マリオットポイントを利用して、ホテルの宿泊&各航空会社のマイルに移行できるというものがトラベルパッケージです。

最近マリオットを知った人はご存知ではない方も多いと思います。

今回の記事では改めてマリオットボンヴォイトラベルパッケージについて、実際にお得なのか、積極的に利用していく価値はあるのか分かりやすく解説していきたいと思います。




トラベルパッケージとは?

お得で楽しいバケーションをご満喫ください。お持ちのポイントを、1週間のホテル滞在とエアライン マイルがセットになったパッケージに交換できます。

最大7連泊まで可能ですが数泊のみでも利用可能です。

ただし合算が出来ませんので3泊と別日で4泊というようなことは出来ません。

最大限に生かすなら7連泊が一番です。

トラベルパッケージの利用方法

WEB上で完結することは出来ませんので、マリオットボンヴォイのカスタマーデスクに電話してトラベルパッケージを利用したい旨を伝えていただきます。

STEP.1
カスタマーデスクに電話

電話番号は会員ステータスに応じて異なりますので、ご自身の普段利用しているデスクに電話をして、トラベルパッケージ利用の旨を伝えてください。

STEP.2
ポイントをマイルへ

お持ちをマリオットボンヴォイポイントを各航空会社のマイルに移行しますので、どこのマイレージに移行したいか電話で伝えてください。

その際に、移行航空会社のマイレージ番号が必要になりますのでメモをしてから電話しましょう。

STEP.3
ホテルの予約

トラベルパッケージはホテルの1週間(7連泊)の権利が与えられます。

既に宿泊したいホテルが決まっている場合は一緒にホテルの空き状況を確認して予約も可能です。

※ホテルの予定がまだ未定な場合は追っての予約でも可能です。(ルール上は1年先まで予約可能)

STEP.4
マイル加算

マイルの加算は即日ではなく1週間~1ヶ月程度の時間がかかる場合があります。

早めにマイルを利用したいと思っている場合は早めに依頼する方が良いです。




ホテル+エアマイルパッケージ

必要ポイント数は以下の表をご覧ください。

実際にお得かどうかはこの後解説します。

ユナイテッド航空

お客様の旅をさらに充実させるために、ユナイテッド航空マイレージプラスとの提携により生まれたプログラム、リワードプラスのご利用で、より多くのマイルを獲得できます。

ホテル+エアマイル パッケージに交換すると、マイレージプラスの10%多くのボーナスマイルを最大10,000マイルまで獲得できます。リワードプラスをぜひご活用ください。

旅行パッケージは提携航空会社のボーナスポイント移行キャンペーンの対象外となります。

その他の各航空会社

日本航空 (JAL) マイレージバンク
ANAマイレージクラブ
エーゲ航空
アエロフロート ボーナス
エアロメヒコ クラブプレミエ
エアカナダ アエロプラン
エアチャイナ フェニックスマイル
エールフランス/KLMフライングブルー
ニュージーランド航空 Airpoints™
アラスカ航空マイレージプラン
アリタリア航空ミッレミリア
アメリカン航空
アシアナ航空アシアナクラブ
アビアンカ航空 LifeMiles
ブリティッシュエアウェイズ Executive Club
アジア マイル
中国東方航空イースタンマイルズ
中国南方航空
コパ航空 ConnectMiles
デルタスカイマイル
エミレーツ スカイワーズ
エティハドゲスト
フロンティア航空 EarlyReturns®
海南航空
ハワイアン航空 HawaiianMiles®
イベリアプラス
ジェットエアウェイズ JetPrivilege®
大韓航空スカイパス
LATAM航空 LATAMPASS
ルフトハンザ Miles & More
Multiplus
カンタス フリークエントフライヤー
カタール航空プリビレッジクラブ
サウディア航空
シンガポール航空クリスフライヤー
南アフリカ航空 Voyager
サウスウエスト航空 Rapid Rewards
TAPポルトガル航空
タイ国際航空
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles
ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ
ヴァージンオーストラリア ヴェロシティーフリークエントフライヤー

ユナイテッド航空のマイレージに移行する方が10%分多くマイルがもらえますが、そこは気にせず自分が必要と思っているマイルに移行するのがベストだと思います。




お得かどうかを検証

気になるのはトラベルパッケージ利用の場合が、普通にホテルとマイルを別々にポイントで移行するよりもどれだけお得なのかということだと思います。

7泊(7連泊)+50,000マイルの場合

カテゴリー1泊必要
ポイント
7泊(6泊分)
必要ポイント
50,000マイル
必要ポイント
合計
必要ポイント
トラパケ利用
必要ポイント
差異
1750045000120000165000255000-90000
21250075000120000195000255000-60000
317500105000120000225000255000-30000
42500015000012000027000025500015000
53500021000012000033000031500015000
650000300000120000420000435000-15000
760000360000120000480000495000-15000
885000510000120000630000675000-45000

まずは7連泊+50,000マイルの場合ですが、マリオットは5連泊すると1泊分無料になりますので、実質は6泊分のポイントで換算しています。

 

トラベルパッケージはカテゴリー1~4は全て同一の必要ポイントとなっていますので、カテゴリー1~3で利用するのはまず損になります。

 

実際に表の一番右の差異が赤字になっているものはそれぞれ別に取った方が必要ポイントが少ないものです。

逆に黒字のものは別々で取るよりもトラベルパッケージがお得になものになります。

 

カテゴリー4とカテゴリー5だけがお得となっていますが、15,000ポイントしかお得にはならないということと、実際に7連泊というのは時間に余裕がないとなかなか出来ないので結構厳しいと思います。

7泊(7連泊)+100,000マイルの場合

カテゴリー1泊必要
ポイント
7泊(6泊分)
必要ポイント
100,000マイル
必要ポイント
合計
必要ポイント
トラパケ利用
必要ポイント
差異
1750045000240000285000330000-45000
21250075000240000315000330000-15000
31750010500024000034500033000015000
42500015000024000039000033000060000
53500021000024000045000039000060000
65000030000024000054000051000030000
76000036000024000060000057000030000
8850005100002400007500007500000

続いて7連泊+100,000マイルの場合ですが、こちらもマリオットは5連泊すると1泊分無料になりますので、実質は6泊分のポイントで換算しています。

 

こちらは50,000マイルと比べて赤字は少なく、カテゴリー3以上はマイナスにはなっていません。

必要ポイントが別々に取るよりも最もすくないのは、カテゴリー4とカテゴリー5の60,000ポイント分になります。

60,000ポイントはカテゴリー7までのホテルに無料で宿泊ができるポイント数なので、7連泊のホテル宿泊が可能なのであれば、カテゴリー5と6はお得です。

それ以上のカテゴリーだと30,000ポイント分のお得となっている為、先ほどのカテゴリーよりもお得度は下がります。

まさかのカテゴリー8においては別々にとっても必要ポイントが全く一緒なのでレギュラーシーズンであれば間違いなくトラベルパッケージはやめておいた方が良いでしょう。

MEMO

トラベルパッケージは現状では、ローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズン共に同じポイント数となっていますので、ハイシーズンにホテル7連泊をするのが最もお得な利用方法になりそうです。




既に予約済みのトラベルパッケージのカテゴリー変更はポイントの増減で可能に

こちらは以前にも記事にしています。

旧カテゴリー8で予約したマリオットトラベルパッケージは新カテゴリーではどうなるのか?追加ポイントでカテゴリーアップも可

私は現在旧カテゴリー8のトラベルパッケージを2つ所持しておりそちらのホテルを予約しています。

もし現在の予約を変更する場合は、

旧カテゴリー8は新カテゴリー5に変更すると30,000ポイントバックされ、

逆にカテゴリー6に変更の場合は30,000ポイントが追加で必要になります。

カテゴリー7にするとなると180,000ポイントが必要になるようなので、30,000ポイントを追加してカテゴリー6のホテルの7連泊します。

まとめ

今回の記事ではトラベルパッケージのお得度について記事にさせていただきました。

私の個人的に感想としては無理してトラベルパッケージを利用する必要はないという見解です。

なかなか連休があっても同じホテルに7連泊というのは出来るものではありません。

リゾート一択であれば7連泊はありかなと思いますが、そうでなければホテルホッピングも楽しみたいと個人的には思ってしまいます。

やはり以前にトラベルパッケージと比べてもお得度は相当下がってしまいましたので、使い勝手が良いとは言えないのが現状です。

是非知らなかった方は参考にしてみてください。

マリオットポイントを貯めるにはSPGアメックスがおすすめ

SPGアメックスの発行は下記のバナーから入会すると通常よりもポイントが多く付与されますのでおすすめです。

30,000pt→36,000pt

その入会ポイントだけでも年会費の元が取れます!

入会はバナータップ後にそのままのお申込みで確認事項等なくそのまま入会可能ですが、事前にマリオットの無料アカウント登録だけ済ませておく必要があります。

カード申込みの際に、マリオットの会員番号の入力が必要となりますのでご注意ください。

SPGアメックスご紹介希望の方は以下のお問い合わせよりご連絡ください。
お名前はニックネーム等でも構いません。
お問い合わせいただき次第、すぐにご返信させていただきます。

紹介お問い合わせ




SPGアメックスについての記事はこちら

◆デメリットを知ってメリットとの差を比べてみてください↓↓

騙されるな!? SPGアメックスのデメリットを徹底検証

◆紹介入会の36,000ポイントでこんなことが出来ます↓↓

【SPGアメックス】紹介特典17,000スターポイントで何ができるのか?を徹底解説

◆マリオットポイントなら44社以上の航空会社のマイレージに移行できます↓↓

初心者もこのプログラムは絶対知っておくべき!マリオットポイントは全44社のマイレージに移行可能!

◆年末年始の飛行機もマリオットポイントなら予約が可能に↓↓

ピンチ!お正月の特典航空券が取れない!?そんな時も頼れるマリオットポイントの活用方法とは?

◆友達紹介の入会ポイントで21万円のリッツカールトン東京のクラブルームに宿泊できます↓↓

妻と子供のバースデーに1泊21万円の高級ホテルを予約!そんな高級ホテルに誰でも定価の70%OFF価格で予約が出来る方法!

◆SPGアメックスとスターポイントのお陰で週末の新しい過ごし方が出来ました↓↓

【おすすめ】みんなが満足できる!?素敵な休日の過ごし方をご提案【東京】

◆今年の旅行は180万円分をポイントとマイルで賄います↓↓

【0歳児と行く海外旅行】スペイン&イタリアの旅:価格編

◆マイルのお得な使い方(1マイル10円以上の価値)↓↓

大人4人+幼児1人のJAL「どこかにマイル」3日間を待たずして行き先が確定!実際にどのくらいお得なのかを解説

◆SPGアメックスのカードの保険でキャンセル不可の旅行8万円戻ってきました↓↓

【アメックス】キャンセルプロテクションで返金不可のチケット代を請求!実際の申請から入金までの流れを徹底解説 (社命出張の場合)【SPGアメックス】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です