【2020年3月最新情報】
紹介キャンペーンで合計39,000ポイント獲得!!
SPGアメックスのメリット・デメリットを徹底解説

ハワイのホテルが次々と一時閉鎖へ!予約済みホテルの即時キャンセルはストップ

日本人に大人気のハワイもコロナウイルスの影響に伴い、外出禁止令や入国時に14日間の強制待機など本格的な規制がかかってしまいました。

春休みやゴールデンウィークなどハワイ旅行を計画していた方も多いのではと思います。

残念ながらゴールデンウィークまでのハワイ旅行計画は絶望的な状況になっています。

入れている予約も既にキャンセル手続きなどを行っている人もいるかもしれませんが、即時キャンセルの前に出来ることがあるかもしれませんがので、是非旅行を計画していた方は確認してみてください。




ハワイのホテルは一時閉鎖へ

全てのホテルではないかもしれませんが、ハワイのホテルは次ぐ次と一時的閉鎖になっています。

以下はマリオットホテルである「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」の案内になります。

この度ハワイ州知事により、ハワイ入国者(海外並び国内)は皆14日間の自宅待機を強制させられる事が発表されました。

この現実を受け止め、ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチは3月26日(木曜日)をもちまして、一時的に閉鎖せざるおえなくなりました。

大変ご迷惑をお掛け致します事、心よりお詫び申し上げます。

こちらのホテルの再開予定は6月1日からのようです。

ゴールデンウィークどころか2ヶ月閉鎖というのは驚きの対応でした。

しかしながら観光客がメインの観光地で入国制限がかかってしまっている時点でどうしようもない状況なのだと思います。。




予約キャンセルの前にできることは?

先日、マリオットのポイント宿泊予約の際にカテゴリーアップしてしまったホテルの日付変更は原則できないとい記事を書かせていただきました。

これは日本のマリオットのカスタマーの回答です。

【マリオット】特別対応はあるのか?カテゴリー変更後の予約変更に伴う必要ポイント数の変動について

しかしながらあくまでもこれはマリオット全体の原則ルールになるそうです。

日付変更で対応可能なホテルあり

こちらは全てのホテルで対応できるものではないと思いますが、今回のようなホテル側都合(状況としてはホテル都合というよりは国都合)の場合、特別な対応を行ってくれるところもあるようです。

今回のタイミングで行くことは出来ないが、改めて日程をずらして行きたいと思っている人はたくさんいると思います。

予約の日程変更であれば同ポイント数で特別対応してくださるホテルがあります。

カテゴリーアップ前のポイント数で宿泊できるのは相当ありがたい対応ですよね。

注意
ただし、予約済みのホテルを一度でもキャンセルしてしまうと、カテゴリーアップしたホテルは当初のポイント数で予約をすることは不可です。

ですので特にマリオットのポイント予約をしている人はキャンセルする前に必ず確認してください。

特別な対応ということを忘れずに

上記の対応は全てのホテルではありませんし、通常は対応は出来ないものです。

当たり前なことではありませんので、その辺は念頭においていた方が良いと思います。

また対応できる予約期間などもあるかと思いますので、その辺もご注意ください。




アメリカのお店は大丈夫なのか?

これは正直詳しくないので分かりません・・・

しかしながらアメリカに飲食店を出している友人もいるため、他人事ではありません。

経営者もそうですが、チップで生計を立てているスタッフが大多数だと思いますので、相当厳しい状況になるだろうと言われています。。

日本ももちろん他人事ではありませんが、好きだったお店が閉店というのは非常に悲しいのでどうにか持ちこたえてほしいです。

日本もこれから感染者報告が拡大?

世界各国が次々と対応を発表していますが、日本はそこまで大きな処置はしていません。

オリンピックを実施する前提だったので今まで感染者数を少なく発表していたという噂もあります。

あくまでも噂ではありますが、当たり前に外に出ている人がたくさんいますので、くれぐれもお気をつけください。

まとめ

今回はポイント宿泊の特別対応について情報をお伝えさせていただきました。

本当に世界が最悪な状況になっています。。

終息どころかどんどん感染者が増えているので、今後もどのような対応や処置が行われるのか分からないことが大多数ですが、大損だけはしないよう色々と調べてから行動することをおすすめします。

早く落ち着いて気兼ねなく旅行に行きたいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です