キャンペーンで36,000ポイント獲得!!
【2018年8月更新】
SPGアメックスのメリット・デメリットを徹底解説

【旅行記】子連れに優しい!0歳児と行くシンガポール旅行!格安で満喫

今回0歳児を含む家族3人でシンガポールに旅行に行ってきました。

飛行機の修行僧の聖地でもあるシンガポールなので、読者の方は既に何度も行ったことがある国かもしれませんが、我が家はシンガポールは初でした。

3泊4日という日程ではありましたが子供がいるので、フルで時間を使うことは出来ません。

ですがコンパクトな国なのでとても楽しむことが出来ました。

そして何より、人も設備も乳幼児連れの我が家にとっては日本よりも快適でした。

MEMO
今回のブログでは、ホテルのビュッフェやお部屋のように細かく分けず、1つの記事で全体的な我が家の旅行内容が分かるようにしていますので、お時間あれば見ていただければと思います。




乳幼児の旅行はお昼の便がおすすめ

今回我が家はシンガポール航空を利用して、午前11時の便でシンガポールに向かいました。

もちろん既に子供がいる方は分かっていると思いますが、やはり飛行機や深夜出発の便ではなくお昼前くらいの便がオススメです。

それは少しでも子供の生活リズムを変えずに旅行に連れて行けるかが旅行を楽しむ上で凄く重要になってくるからです。

今回は成田出発だったということもあったので、前日の夜に成田空港近くの「ホテルマイステイズプレミア成田」に宿泊。

そのかいもあり、朝はいつもと同じ時間まで子供を寝かせることが出来ました。

子供が泣いて飛行機で迷惑もかけたくないですしね。。

ということで子供も朝はいつも通りの睡眠で空港に無料送迎バスで向かい、諸々手続きを終えシンガポールに向かいました。

飛行時間は6時間~7時間程度ですがバンコクに行った時よりも思ったよりもあっさり到着した印象です。




シンガポールの移動はタクシーが一番良い

空港に到着後、タクシーを利用してホテル(JWマリオット シンガポール)へと向かいました。

タクシーはクレジットカードも問題なく利用できます。

またシンガポールはタクシー配車アプリの「Grab(グラブ)」も利用出来るので我が家は使い分けながらタクシーを利用しました。

グラブは、シンガポールミッドビューあ・シティに拠点を置く配車アプリ運営企業である。

空港からホテルまでのタクシー代は15~20SGD程度です。(1,235円~1,647円程度)

MEMO
1 シンガポールドルは現在82.37円

シンガポールはタクシー代が安いので、子供がいる家族は無理して電車やバスに乗るよりもタクシーをどんどん活用する方が良いと思います。

宿泊先はJW Marriott Hotel Singapore South Beach

我が家はトラベルパッケージを利用した際に、カテゴリー7のホテルに7泊宿泊できる権利を持っていましたので、今回の旅行の為に10,000スターポイント(30,000ポイント)を追加してカテゴリー8のこちらのホテルに宿泊できるよう変更しました。

実際は3泊しかしていないのですが、同じホテルに7連泊は現実的ではないので今回気にせず利用しました。

ホテルはEsplanade駅直結

電車を利用する人にとっては駅直結は嬉しいかと思います。

我が家はタクシーしか今回は利用していないのですが・・・

目の前にサンテック・シティーという大型ショッピングセンターがあったり、歩いて10分程度でマーライオン・パークに行けたりするので、場所は使いやすい方だと思います。

お部屋は最上階の21階へアップグレード

私はSPGとマリオットのプラチナ会員となっていますので、お部屋の方もアップグレードしてもらえました。

お部屋の方は広い部屋にはなりませんでしたが、ロケーションがマリーナベイサンズ側を見ること出来たので夜景も綺麗で良かったです。

あとはトイレがウォシュレットなこと、浴槽とシャワーブースが別なことが良かったです。

ラウンジは12歳以下は19時まで利用可能

初日だけ2階にあるラウンジを利用させてもらいましたが、ホテル利用者は子連れも多かったので特に周りの目をそこまで気にせず利用することが出来ました。

※ラウンジの写真は撮影していません。

朝食は1階のレストラン「Beach Road Kitchen」を利用

朝食はラウンジ利用ではなく、こちらのレストランが品数も多くオススメです。

入り口でルームナンバーを伝えることでホテル宿泊者は利用可能です。




セントーサ島へ観光

2日目はセントーサ島にある水族館「S.E.A. Aquarium」へ行きました。

ナイトサファリなども考えたのですが妻が魚が好きなことと、室内の方が快適だろうということで水族館にしています。

移動はケーブルカー

まずセントーサ島へはケーブルカーを利用して行くことにしました。

ホテルからまずはフェーバー・ピークまでGrabを利用して移動(17SGD)

でそこから2つ先のセントーサまで移動です。

途中でハーバーフロント駅を通りますが、降りずにそのまま次のセントーサまで移動です。(ハーバーフロントで相乗りになりました)

電車で移動すれば安く行けるのですが、空から島を見下ろすのも良かったです。

チケットはvoyajinで購入

往復するなら安いですが片道のみならその場で買った方が良いでしょう。

セントーサの特大マーライオン

セントーサにある特大マーライオンです。

特大というべきなのか、マーライオンパークのマーライオンが小さいからなのか分かりませんが、とりあえず初めての国なので写真撮影だけしています。

中には入っていません。

お目当ての水族館「S.E.A. Aquarium」へ

今回シンガポール観光の目的の1つである水族館へ行ってきました。

子供とも日本で行ったことがなかったので初めての水族館です。

チケットはこちらもvoyajinで購入したので10%オフでした。

大人2名分で35SGD×2名の合計70SGDです。(日本円で約5,800円)

息子も分からないながらに見入っていたので、覚えてはいないと思いますがどこかの記憶と脳を刺激してくれていたらいいなと思いますw

イルカショーなどは水族館では体験できないので、日本の大きい水族館に慣れていると少し物足りないかもしれませんが、海外に来て家族でゆっくり回れるのは幸せな時間です。

家族旅行なのでカジノには見向きもせず(笑)、適当な場所でご飯を食べて、少し観光をしてからケーブルカーに乗って、タクシーを呼んで再度ホテルに帰りました。

チキンライスとラクサが目的

今回の旅行の目的の1つとして、ローカルフードではあるのですが私達夫婦が好きなチキンライスとラクサの本場なものを食べたいというのがありました。

なかなかご飯を食べる時間がないのですが、セントーサから一度ホテルに戻って子供を少し寝かした後に、チキンライスの名店「文東記(ブントンキー)」に行くことにしました。

我々が向かったお店は本店であるBalestier店です。シンガポールには4店舗あります。

ホテルからここだけが目的だったのですがタクシーを呼んで行ってきました。

夜の時間帯だったので通常よりも金額が高くなっていて20SGDくらいです。




文東記に到着

やはり人気店をあってか混雑しており、少し外で待ってから店内へ

お目当てのチキンライスですが、こちらの店舗ではチキンとライスを別々に注文します。

あとは飲み物、ペーパーチキン、茄子と豆腐の料理を注文しました。

味の方は、確かにお肉は柔らかくて美味しかったです。

がチキンって冷たいんですね。温かいのが来ると思ってばかりいたので口に入れた瞬間、あっ冷たいだって感じになりました。

個人的にはペーパーチキンの方がご飯に合って美味しかったですw

マリーナベイサンズとガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ

もう1つの観光目的でもあるこちらへ行ってきました。

ホテルからもタクシー13SGD程度で行くことができるので、迷わずタクシーでw

まぁシンガポールのシンボル的なホテルとあって高いし、日本では見ない形ですよね。

ベイサンズはカジノができるわけでもないので、ランチだけの利用です。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとクラウドフォレストへ

妻は大の植物好きということもあり、昼間ではありますがこちらへ行ってきました。

クラウドフォレストは外の暑さとはうって変わってしっかり冷やされていて非常に快適でした。

好きなこと、そして子供のストレスを少しでも回避できることが家族旅行ではすごく重要だなと思います。

ゆっくり観光した後はベイサンズに戻りお腹が空いたのでフードコートへ行きました。

非常に混雑していて席に座るのも一苦労・・・

そしてラクサを食べれていなかったので食べたのですが、味が薄い、面と汁が全く絡んでいないということで残念な結果に。

世界3大がっかりスポットへ

マリーナベイサンズを後にして、世界三大がっかりスポットと言われている(笑)、マーライオン公演へ。

見たことがない我々にとっては行く価値はあると思い、行ってきました。

先にセントーサ島のマーライオンを見てしまっているので確かに小さい(笑)

でも口から水を出しているので、動画の撮影には向いていました。

でここから歩いて10分程度でホテルだったので歩いてホテルに戻りました。

とその前に生搾りみかんジュースの自動販売機があったのでこちらを購入しました。

電子マネーにも対応しています。

シンガポールは子供に優しい

子供に優しい国は他にももちろんあると思いますが、シンガポールのお店や建物はおむつ換えルームや授乳スペースなどが非常に充実していて、日本よりも多い印象です。

そしてお店のスタッフや町ゆく人も子供の顔を見ると笑顔で声をかけてきてくれるくらいフレンドリーでした。

もちろん我が家は主要な場所にしか行っていないのでそれ以外の場所は分かりませんが、妻とも普通にまた行きたいねと思うような国でした。




7月の土曜日と8月はサプライズあり

8月9日はシンガポールのマレーシアからの独立記念日。

Twitterでいつも素敵な情報をいただける方から、7月の土曜日は花火が上がりますよという情報をいただきました。

7月の毎週土曜日は独立記念日の予行練習?をしているようで夜は花火が上がります。

我々の宿泊したホテルの窓からもばっちり花火が見れました。

携帯でかつ室内からなので臨場感ないですが目視すると結構な迫力でした。

思わぬサプライズにテンションが上がりました!!

マイルとポイントで格安旅行を実現

以前記事にもしましたが今回の旅行は急遽の休みで入れた旅行なので予算をかけずに行くことが目的でした。

移動・宿泊(3泊)合わせて16,380円です。

お金を使わなくても海外旅行に行ける!陸マイラーで超格安シンガポール旅行を企画

そこに前日の成田泊、タクシー移動、食事代、観光費、お土産代など合わせて4万円~5万円で収まっています。

ですので全部込み込みでも6万円程度になります。

海外旅行って高くて贅沢なイメージがあると思いますが、マイルやホテルのポイントを貯めることが出来ればこんなにお得に行くことが出来るんです。

まとめ

ざざっと今回の旅行の様子をお届けさせていただきました。

肝心のラクサはフードコートとラウンジとチェーンのようなお店で食べたのですがどれも納得できず・・・(笑)

本当は3日目の夜に有名店に行こうと思っていたのですが、子供が寝る時間になってしまい今回は断念しました。

子供が一緒にいることでやりたいことが出来なくなってしまうということはありますが、子供の笑顔を見るだけでたまらない気持ちになれるので問題なしです。

結果的にシンガポールは短い日数での旅行と考えると非常に楽しい国でした。

余裕がある時はカジノにこもりたいです(笑)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です