紹介キャンペーンの継続が決定!!
【SPGアメックス】のメリット・デメリットを徹底解説

【悲報】JAL、2018年2月~3月の燃油サーチャージ引き上げ!12月~1月に続いてさらに値上げ

f:id:openpensan:20171215002224j:plain

残念ながら、さらに国際線の燃油サーチャージ(引き上げ)の改定が発表されました。

2017年10月~11月発券分に比べ、1.5~3倍の引き上げとなった2017年12月~2018年1月分からさらに値上げになってしまうようです。

ANAも同じく引き上げがまもなく発表されるでしょう。。。 

発券の際に頭に入れておいてください!!!

 

 

改定価格表

詳細は下記参照 

 

路線 (日本発) 10月~11月
(片道)
12月~1月
(片道)
2月~3月
(片道)
韓国 ¥200 ¥300 ¥500
中国・台湾・香港・マカオ ¥500 ¥1,500 ¥2,500
ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン ¥1,000 ¥2,000 ¥3,000
タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア ¥1,500 ¥3,000 ¥4,500
インドネシア・インド・ハワイ ¥2,000 ¥4,000 ¥6,000
ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア ¥3,500 ¥7,000 ¥10,500

 

価格の決定について

 

航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は平均71.22米ドル、1米ドル112.94円だったため、円貨換算額は8,044円となった。

 

まとめ

ちょっと前と見比べてみると大分価格が引き上げられてしまっていますね。。

JALやANAの特典航空券は飛行機代は無料でも燃油代はかかってしまうので、ハワイに行くとなると思いの外お金がかかってしまいそうです。。

 

子供と一緒にハワイに行ける時にはまた価格が下がっているといいなと思います。

発券する際には、参考にしてみてくださいね。 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です