【2020年3月最新情報】
紹介キャンペーンで合計39,000ポイント獲得!!
SPGアメックスのメリット・デメリットを徹底解説

マリオット最高ブランドホテル「東京エディション虎ノ門」2020年6月開業!予約情報やホテルについて解説

日本へのMarriott Bonvoyホテルの開業ラッシュが続いていますが、今回ご紹介するホテルは2020年6月開業予定の「東京エディション虎ノ門」になります。

2020年6月開業となっており、すでに7月20日以降の予約がスタートしています。

カテゴリーはMarriott Bonvoy最上のカテゴリー8となります。

東京でいえば価格帯も含め、リッツカールトン東京に並ぶ高級ホテルとなります。

まだまだ発表されていないことも多いですが、どんなホテルなのか解説していきたいと思います。



エディションとは??

マリオット・インターナショナルが運営するグループ最高級グレードのホテルブランド。「エディション」の各施設では、その土地の文化の特性やコミュニティの慣習をダイニングやエンターテイメント、サービス、アメニティで提供する。

「エディション」は、ホテルプロデューサーであるイアン・シュレーガーのパーソナルな体験と、マリオット・インターナショナルの国際的な規模やオペレーションの専門知識とのコラボレーションによって生まれた。最先端のラグジュアリーライフスタイル型ホテルとして世界が注目している。

東京エディション虎ノ門開業予定日

開業予定日は2020年6月となっています。

まだ正式な日付は発表されていません。

発表があればこちらに追記させていただきます。

場所

エディション虎ノ門は神谷町駅直結のビル「神谷町トラストタワー(東京ワールドゲート)」の31階~36階部分になります。

2019年9月にリニューアルしたばかりのThe Okura Tokyoのすぐ横ですね。

〒105-0001 東京都港区虎ノ門4丁目24-6



お部屋タイプ

部屋数は約200室となっています。

部屋タイプはアプリ上で見る限り以下となっています。

お部屋タイプ広さ
デラックスタイプ42㎡
プレミアタイプ51㎡
スタジオテラス44㎡
ロフトテラス51㎡
スーペリアスイート70㎡
プレミアスイート90㎡
タワースイート108㎡
テラススイート108㎡
ペントハウススイート144㎡

ペントハウス・スイートはなんと1泊諸税込みで250万円以上です(笑)

予約開始日

iPhoneアプリでは7月20日以降の予約が既にできるようになっています。

ブラウザ上では日本語、英語共にお電話でという表示が出ており3月3日現在インターネット上での予約は出来ないようです。

とはいえ時間の問題でまもなく予約はできるようになるのではと思われます。

ポイント予約可能日

有償の予約は7月20日以降できるようになっていますが、ポイントの宿泊予約は現時点では2021年2月以降のみとなっています。

こちらのホテルはマリオット最高カテゴリーのカテゴリー8となっていますので、現在は全て1泊85,000ポイントとなっています。

今後全体の予約ができるようになるとシーズンごとに必要ポイントが変わってくるかと思います。

MEMO

今だとまだプレミアルームとデラックスルームがどちらも同じポイント数で予約できるようです。

予約するならプレミアルームがお得です!!




まとめ

東京オリンピックに向けて開業ラッシュが続いていますが、こちらの超高級ホテルも一度は泊まってみたいホテルになることは間違いなさそうです。

既に予約を開始していますので気になる人は是非チェックしてみてください。

また2021年にはエディション銀座も開業予定となっています。

引き続き新しい情報が見つかれば追記したいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です