【2019年5月最新情報】
紹介キャンペーンで合計39,000ポイント獲得!!
SPGアメックスのメリット・デメリットを徹底解説

【SPG】SPGとマリオットのポイントプログラムが統合されるとどうなる?統合された際の生じるメリットとデメリット【マリオット】

f:id:openpensan:20171006151317j:plain

スターポイントをメインに貯めている私としては、どうしても気になる今後の行方。

正直まだ誰も分からないことではありますが、2018年に何かしらの動きが起こることはほぼ確実。

 

SPGのスターポイントがマリオットリワードに統合されてしまった場合に起こりうるであろうメリットやデメリットを考えてみました。

 

 

はじめに

以下がマリオットのFAQに掲載されている内容です。

リワードとSPGは1つのプログラムになるのですか?

この2つのプログラムは業界最高のプログラムです。当社は、SPGとリワードの素晴らしい特典を余すことなくお客様にお楽しみいただきたいと考えています。2018年までは2つのプログラムが統合される予定はありませんが、最新情報があればお知らせします。それまでの間は、ご予約方法、お客様のアカウントの管理方法、エリートナイトクレジット、ポイント、マイルの獲得方法は、現行プログラムの方法と変わりません。

既存のリワードポイントやスターポイントはどうなるのですか?

お手持ちのリワードポイントは、お客様のリワード アカウントに、お手持ちのスターポイントはお客様のSPGアカウントに存続します。当面、両プログラムは別々に運営されます。2018年までは統合する予定はありません。リワードポイントは Marriott.co.jp または www.ritzcarlton.com/jp で、スターポイントはspg.com/jp でお使いいただけます。どちらか一つのプログラムのポイントをもう一つのプログラムに直接ご利用いただくことはできませんが、アカウントをリンクすることでアカウント間でポイントを 移動することが可能になり、両プログラムのポイントを合わせて特典の交換にご利用いただくことができます。

やはりまもなく迎える、2018年というのがポイントになりそうです。

 

SPGのホテルは泊まりやすくなるのか?

 

f:id:openpensan:20171006150708j:plain

SPGプログラムがマリオットリワードに統合された際の起こりうることは何か考えてみました。

①持っているスターポイントが3倍のマリオットリワードになる

スターポイントのマリオットリワードのレート

スターポイント 1:3 マリオットリワード

 

例えば、現在100,000スターポイント保持している場合は、300,000マリオットリワードを保持することになる。 

 

②SPGのホテルカテゴリーはどうなるのか?

★まずは現在のマリオットカテゴリーのホテルで必要マリオットポイントと必要スターポイントを見ていきましょう。

マリオット
ホテルカテゴリー
ホテルリワード必要スターポイント
カテゴリー17,500pt2,500スターポイント
カテゴリー210,000pt3,333スターポイント
カテゴリー315,000pt5,000スターポイント
カテゴリー420.000pt6,666スターポイント
カテゴリー525,000pt8,3333スターポイント
カテゴリー630,000pt10,000スターポイント
カテゴリー735,000pt11,666スターポイント
カテゴリー840,000pt13,333スターポイント
カテゴリー945,000pt15,000スターポイント

 

 

★続いてSPGのホテルカテゴリーに必要なスターポイントです。

SPGホテルカテゴリー必要スターポイント
カテゴリー12,000~3,000スターポイント
カテゴリー23,000~4,000スターポイント
カテゴリー37,000スターポイント
カテゴリー410,000スターポイント
カテゴリー512,000~16,000スターポイント
カテゴリー620,000~25,000スターポイント
カテゴリー730,000~35,000スターポイント

SPGのホテルカテゴリーは最高がカテゴリー7となっているのに対し、マリオットは最高カテゴリーがカテゴリー9となります。

 

マリオットに統合された場合は、リッツカールトンのティアのように独自のSPGのカテゴリーを継続するか、マリオットのカテゴリー9の中に割り振られることになると予想します。

 

現在のSPGカテゴリーを勝手に予想でマリオットのカテゴリーに振り分けてみました。(予想です)

そして一番右はSPG時に必要だったスターポイント数がどのくらい少ないポイントで泊まれるかの差異になります。

SPGホテルカテゴリー必要スターポイント 予想マリオットカテゴリー必要スターポイント
12,000~3,000スターポイント12,500スターポイント500~ー500スターポイント
23,000~4,000スターポイント23,333スターポイント333~-677スターポイント
37,000スターポイント35,000スターポイントー2,000スターポイント
410,000スターポイント46,666スターポイントー3,334スターポイント
512,000~16,000スターポイント5~68,333~10,000ポイントー3,667~ー6,000スターポイント
620,000~25,000スターポイント7~811,666~13,333ポイントー8,334~ー11,667スターポイント
730,000~35,000スターポイント915,000ポイントー15,000~ー20,000スターポイント

マリオットのカテゴリーにSPGホテルが移行された場合は、必要スターポイントが今よりも大幅に減った形で宿泊することが出来そうです!!

 

スターポイントの各航空会社へのマイレージプログラム移行の影響は?

ここも非常に気になるポイントです。

 

★まずはSPGのスターポイントから見て行きましょう。

スターポイントは20,000ポイント毎にマイルに移行すると+5,000マイル付与されます。

これが還元率1.25%と言われている理由です。

またスターポイントは多くの航空会社のマイルにポイント移行が可能です。

 

 

★続いてマリオットリワードの各航空会社のマイルへの移行についてです。

マリオットリワードは1:1という形ではなく、ポイント数に応じてマイルへの移行率が変動します。

移行先はスターポイントとさほど変わらないくらいの数がありました。

エアロメヒコ、アエロプラン(エア・カナダ)、アラスカ航空、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、コパ航空、デルタ航空、フロンティア航空、ゴル/ヴァリグ航空、ハワイアン航空、イベリア航空、ヴァージン・アトランティック航空、サウスウエスト航空、ユナイテッド航空
リワードポイントスターポイント
2,000マイル10,0003,333
5,000マイル20,0006,667
10,000マイル30,00010,000
25,000マイル70,00023,333
50,000マイル140,00046,667

 

アジア・マイル、アエロフロート、アシアナ航空、アビアンカ航空 – TACAライフマイルズ、アリタリア航空、エアチャイナ、エミレーツ航空、エティハド航空、エミレーツ航空、エールフランス / KLM、カタール航空、カンタス航空、キングフィッシャー航空、ジェットエアウェイズ、シンガポール航空、全日空、ターキッシュ エアラインズ、TAPポルトガル航空、日本航空、Korean Air SKYPASS、LAN航空、ルフトハンザ Miles & More, Multiplus
リワードポイントスターポイント
1,500マイル10,0003,333
3,500マイル20,0006,667
7,000マイル30,00010,000
17,500マイル70,00023,333
35,000マイル140,00046,667

 

ジェットブルー航空
リワードポイントスターポイント
1,000マイル10,0003,333
2,500マイル20,0006,667
5,000マイル30,00010,000
12,500マイル70,00023,333
25,000マイル140,00046,667

 

一番お得なマイレージは?

マリオットリワードの移行で一番お得な航空会社は下記になります。

エアロメヒコ
アエロプラン(エア・カナダ)
アラスカ航空
アメリカン航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
コパ航空
デルタ航空
フロンティア航空
ゴル/ヴァリグ航空
ハワイアン航空
イベリア航空
ヴァージン・アトランティック航空
サウスウエスト航空
ユナイテッド航空

 

スターポイントと比べて移行率はどうか?

マリオットリワードは20,000ポイントに応じてボーナスなどの加算は現状ないので、25,000マイルへの移行として考えると、一番良いレートのもので23,333マリオットリワードが必要となります。

※単位をスターポイントで計算します。

 

①ポイントを25,000マイルにする場合

【スターポイント】

20,000スターポイント ⇒ 25,000マイル(5,000はボーナスマイル)

【マリオットリワード】

23,333スターポイント ⇒ 25,000マイル

スターポイントの方が3,333ポイントほど少ないポイントで移行が出来ます。

 

②ポイントを10,000マイルにする場合

【スターポイント】

10,000スターポイント ⇒ 10,000マイル

【マリオットリワード】

10,000スターポイント ⇒ 10,000マイル

10,000マイル単位であればスターポイントもマリオットリワードも同じ移行率になります。

 

マリオットリワードの一番の欠点は?

やはりJALやANAなどの移行率が悪いことです。

同じレートがなかったのですが、下記のようになります。

【スターポイント】

20,000スターポイント ⇒ 25,000マイル

【マリオットリワード】

23,333スターポイント ⇒ 17,500マイル

マリオットリワードの方が3,333スターポイントも利用しているのに、実際のJALやANAのマイルは7,500マイルも少なくなってしまうことになります。

 

マリオット独自の航空券とホテルのパッケージ

マリオットリワードの使い方として、下記の航空券とホテルのパッケージはすごく魅力的です。

一覧がありますので是非見てください。

 

ゴールドステータスの行方は?

 

f:id:openpensan:20171006150530j:plain

ここは正直どうなるのか全く分からないです。

あくまでも噂ですが、マリオットのゴールド会員の方がハードルが高い為、同じ条件ではなくなる可能性があるかもしれないです。

ただネガティブな統合はしないと書かれていたので、このまま良い条件で進むのを願いたいです。

 

 

SPGアメックスというカードの存在は?

f:id:openpensan:20160720001805j:plain

こちらもマリオットに統合されてしまうと、SPGというブランドの存在自体がどうなるのか分からないです。

マリオットアメックスのようなクレジットカードに新たに移行して、自動的にゴールド会員ステータスを付与というような形になってほしいですね。

 

マリオットプログラム統合のメリット

どういった形になるか分からないのであくまでも想像ですが、

ホテルプログラムはマリオットの方が少ないポイント数で宿泊ができるので、現在SPGの最高カテゴリー7の35,000スターポイントが15,000スターポイントで宿泊出来ればすごいメリットだと思います。

 

またマリオット側のゴールド会員への特典と同じようにSPGホテルもラウンジや朝食無料などが付帯されたらすごく魅力的ですね!!

 

マリオットプログラム統合のデメリット

一番は航空会社へのマイル移行がスターポイントに比べて劣ってしまうことです。

特にJALやANAなどの日本の航空会社のマイルへもスターポイントは同比率で移行が出来るのに対し、マリオットリワードは大分還元率が下がってしまいます。

 

またSPGアメックス保持によるゴールドステータスの付与というのもすごく気になるところです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

あくまでも想像の部分ではありますので、実際にどういった形になるのかは待つしかありません。

 

ただ現在が、マリオットとのステータスマッチが出来るようになり、自動でマリオットのゴールド会員になれている素晴らしい状況なので、正直なところ特に変更せずにこのまま現状維持が一番望ましいです。

 

そしてまだSPGアメックスを保持されていない方は今からでもお得なカードになっていますので、早めに作られることをおすすめします。

 

SPGアメックスを友達紹介で作る(2018/4/11(水) 終了予定)

スターポイントはSPGアメックスで貯めるのが一番お得です。

作ろうか迷っている方は、下記から入会すると通常よりもポイントが多く付与されますのでご検討ください。

(2018/1/31までの期間限定で17000スターポイントに加えてさらに+13000スターポイントが獲得出来るチャンスがあるキャンペーン中です)

f:id:openpensan:20171027072342j:plain

もしくはこちらから>>

そのまま入会手続きを行ってください。

 

 

その他にもSPGに関する記事を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です