【2019年9月最新情報】
紹介キャンペーンで合計39,000ポイント獲得!!
SPGアメックスのメリット・デメリットを徹底解説

【SPGアメックス】1年目から年会費の元は取れるのか?!高級ホテルに泊まらない人でも1年目から元を取る方法

f:id:openpensan:20170905181302j:image

 

SPGアメックスのSPGはスターウッドプリファードゲストの略。

 

今回の内容は

・こんな高い年会費のカードを持たない、普段そんなに贅沢をしない人でも年会費の元が1年目から取れるか?

を解説します。

 

 

SPGアメックスは名の通り、日本で言えばウェスティンやシェラトンなどのシティホテルを運営するグループが発行するクレジットカードです。

 

もちろんSPGアメックスには色々なメリットがあり、使う人には非常に満足度の高いクレジットカードになっています。

 

ただ初めてこのクレジットカードを作る人は、まずこの高い年会費を払う価値があるのか疑問になると思います。私も作る前はそんな気持ちでした。

 

特に、普段宿泊するホテルはビジネスホテルや極力安いホテルで済ませる人からすると作る意味を全く感じないカードに見えてしまうかと思います。

 

人気の理由はもちろんありますが、初年度から普段普通に使うであろうお金よりもお得にできる使い方を解説します。

 

初年度は、お友達紹介で入会する際に付与されるポイントで元を取ることを考えたいと思います。

初年度の入会特典である17000スターポイントで何ができるのかと書いている記事もありますので見て頂きたい。

 

それでは、紹介キャンペーンで入会した際に付与される、この17000スターポイント+1000スターポイントの18000スターポイントを利用して、普段贅沢をしない人が初年度の元を取る方法をいくつかご紹介します!!

 

①国内線の飛行機で利用

SPGアメックスのみのポイントプログラムであるスターポイントは様々な航空会社のマイルにすることが可能です。

 

国内線を利用する際に一番お得な利用方法は、ブリティッシュエアウェイズのAviosにスターポイントを移行してJAL国内線特典航空券の発券をすることです。

JAL便ですが、区間距離が650マイル未満の場合はJALの必要マイルよりも、ブリティッシュエアウェイズのAviosの方が少ないマイル数で発券することが出来ます。

 

路線の区間距離が650マイル未満の場合

片道 4,500 Avios (マイル)
往復 9,000 Avios (マイル)

※JALの場合は12,000マイル~15,000マイル必要

 18,000スターポイントあれば650マイル未満の国内線をJAL便にて2往復出来るということです。

タイミングによりますが、羽田〜函館往復が50,000円くらいだとすると、100,000円分くらいの価値にもなるということです!!

さらにBAのキャンペーンなどのタイミングで移行すればよりたくさんの飛行機に乗ることも出来ます。 

 BAJAL
特典航空券を利用できる人誰でもOK本人、配偶者、二親等以内の親族義兄弟姉妹の配偶者
最終予約申込期限搭乗日当日まで搭乗日4日前まで
必要マイルBAJAL
羽田-札幌(往復)9000Avios15000マイル
羽田-大阪(往復)9000Avios12000マイル
羽田-福岡(往復)9000Avios15000マイル
羽田-鹿児島(往復)9000Avios15000マイル
羽田-
那覇、奄美大島

大阪-
那覇、札幌、旭川、釧路、帯広、女満別、宮古島

名古屋-
釧路、帯広、沖縄、石垣島など

福岡-
仙台、花巻、札幌など

那覇-
仙台、小松、岡山など

札幌-
広島、出雲、徳島など

15000Avios15000マイル
羽田-久米島、宮古島、石垣島

大阪-石垣島

20000Avios20000マイル
POINT

BAのAviosで石垣島、宮古島への特典航空券を発券したい場合はWEB検索では表示されませんので電話にて発券の依頼が必要です。(無料)

03-3298-5209

 

国内線を利用する機会がある人であれば、18000スターポイントで安定のJAL便で国内線を2往復することが出来ます。

 

年会費33480円(税込)をまず2で割ると、16740円となります。

これは往復の価格となるので、これをさらに2で割ると、8370円となります。

 

国内線の片道で8370円で行くことが出来ないのがほとんどだと思います。

 

さらにスターポイントは20000ポイントを一気にマイルに交換すると、+5000のボーナスマイルが付与されます。

 

クレジットカードを普段使われる方であれば、20000スターポイントが25000マイルになることで、さらに飛行機に乗ることも可能です。

ブリティッシュエアウェイズは1年に1回程度ボーナスマイルのキャンペーンも行っているので、そのタイミングで移行すれば、20000スターポイントが33750マイルになることもあります。

国内線が3.5往復も出来ちゃいます!!!

 

どうでしょうか?

この時点で普段飛行機に乗る機会がある人であれば初年度から元が取れます。

 

 

②ホテルの利用にポイントを使用

続いてホテルの利用にポイントを使う場合で見て見ましょう。

スターポイントはマリオットのポイントに移行すると3倍のレートになります。

 

18000スターポイント=54000マリオットポイント

を所持していることになります。

 

無料で宿泊出来る必要スターポイント数

ホテルカテゴリー必要スターポイント
カテゴリー1一覧2,000~3,000ポイント
カテゴリー2一覧3,000~4,000ポイント
カテゴリー3一覧7,000ポイント
カテゴリー4一覧10,000ポイント
カテゴリー5一覧12,000~16,000ポイント
カテゴリー6一覧20,000~25,000ポイント
カテゴリー7一覧30,000~35,000ポイント

 

無料で宿泊出来る必要マリオットポイント数

ホテルカテゴリー

ホテルリワードポイントセーバーリワード
カテゴリー17,500ポイント6,000ポイント
カテゴリー210,000ポイント7,500ポイント
カテゴリー315,000ポイント10,000ポイント
カテゴリー420.000ポイント15,000ポイント
カテゴリー525,000ポイント20,000ポイント
カテゴリー630,000ポイント25,000ポイント
カテゴリー735,000ポイント30,000ポイント
カテゴリー840,000ポイント35,000ポイント
カテゴリー945,000ポイント40,000ポイント

18000スターポイントもしくは、54000マリオットポイントを持っていると、全世界で相当数のホテルに宿泊出来ることが上の表でもお分かりいただけるかと思います。

 

ただ普段高級ホテルに泊まらない人からすると、無理して高級なホテルに宿泊する理由はないと思います。

 

日本国内で考えた場合、少ないポイントで宿泊できるカテゴリー低いホテルは北海道の函館にある、フォーポイントバイシェラトン函館となります。

 

こちらのホテルは現在カテゴリー2となっていて、平日は4000スターポイント、休日は3000スターポイントで宿泊が出来ます。

 

3000スターポイントであれば、6泊可能です。

こちらのホテルは2名ですと、約35000円以上かかるようです。

35000円×6泊=210000円となります(笑)

函館に行く機会がある方であれば確実にいや相当元が取れますね。

 

国内のその他のホテルもご案内したいのですが、カテゴリーの低いホテルは日本は少ない為、世界各国に目を向けた方がポイントの利用価値は高いと思います。

 

SPG、マリオットグループは世界NO.1のホテル数を誇る会社です。

世界であれば、様々なカテゴリーで様々なホテルがあります。

海外に行く人、行ってみたい人であれば是非利用してみてください。

 

まとめ

普段あまり贅沢をしない人でも、普段の利用で年会費分の元を取ることがこのカードでは出来ます。

 

また新しい発想として、カードを作ることをきっかくに旅行の楽しみの中にホテルを楽しむことを入れるのも素敵なことだと思います!!

 

SPGホテルもそうですが、マリオットグループのホテルですと、朝食2名分無料、ラウンジ利用可(軽食やドリンク飲み放題)、お部屋のアップグレードをしてもらえたりと素敵な特典が満載です。

 

年会費が高そうに感じるかもしれませんが、初年度から使い方次第で元は取れます!!

是非参考にしてみてください!!

 

SPGアメックスを友達紹介で作る(2018/4/11(水) 終了予定)

スターポイントはSPGアメックスで貯めるのが一番お得です。

作ろうか迷っている方は、下記から入会すると通常よりもポイントが多く付与されますのでご検討ください。

(2018/1/31までの期間限定で17000スターポイントに加えてさらに+13000スターポイントが獲得出来るチャンスがあるキャンペーン中です)

f:id:openpensan:20171027072342j:plain

もしくはこちらから>>

そのまま入会手続きを行ってください。

 

 

パートナーを説得する記事も書きました

 

他にもSPGアメックスに関する記事を書いています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です