紹介キャンペーンの継続が決定!!
【SPGアメックス】のメリット・デメリットを徹底解説

陸マイラーはせこいのか?!未経験者が感じる誤解を解消

f:id:openpensan:20170918094054j:plainこんばんは。

 

週末は仕事が立て込んでいてなかなか記事が書けませんでした。。

ですが新たにマイルを貯めていない人と話をする機会がありましたのでその内容を書きたいと思います。

 

 

陸マイラーってなに??

まぁまずはここからのお話でした。

そもそも飛行機にもなかなか乗る機会がないという彼はマイレージというものそのものの知識を持っていませんでした。

ですので、私がまず伝えたことはマイルの価値、そしてそのマイルをどうやって貯めることが出来るのかというお話です。

 

陸マイラーはせこい??

マイルの貯め方などを伝えた際に言われたことばが、「飛行機とかあんまり乗らないからよく分からないけどせこそう?」と。

確かにクレジットカードを屈しして、普段の生活でポイント貯めたり、毎日各サイトを見に行ってポイントを貯めているとしたら、そう思われてしまうのも分かる気もしました(笑)

もしかしたら私の最初のイメージもそうだったのかもしれません。

でも色々調べたり、マイルを貯めはじめて考え方が一変しました!!

 

マイルの価値とは?

 

まずはそもそも私が貯めているマイルとはどの程度の価値があるものなのかを知ることが必要です。

★JAL

こちらは日本発着の世界各国へのJALの必要マイル数の表です。

出発地・目的地エリア クラス 通常マイル 期間限定ディスカウントマイル 期間限定JALカード割引 曜日限定特典
韓国
エコノミー 15,000 12,000 11,000  
ビジネス 36,000      
ファースト 60,000      
アジア1
エコノミー 20,000 17,000 16,000  
プレエコ 30,000 25,000 24,000  
ビジネス 48,000     40,000
ファースト 72,000      
グアム
エコノミー 20,000 18,000 17,000  
ビジネス 45,000     40,000
ファースト 72,000      
アジア2
エコノミー 35,000 30,000 29,000  
プレエコ 50,000 45,000 44,000  
ビジネス 80,000     60,000
ファースト 100,000     80,000
オセアニア
エコノミー 40,000 35,000 34,000  
プレエコ 50,000 45,000 44,000  
ビジネス 80,000     60,000
ファースト 100,000     80,000
ロシア
エコノミー 40,000 30,000 29,000  
プレエコ 50,000 40,000 39,000  
ビジネス 80,000     60,000
ファースト 100,000      
ヨーロッパ
エコノミー 55,000 45,000 44,000  
プレエコ 70,000 60,000 59,000  
ビジネス 110,000     85,000
ファースト 160,000     120,000
ハワイ
エコノミー 40,000 37,000 36,000  
プレエコ 60,000 55,000 54,000  
ビジネス 80,000     60,000
ファースト 100,000      
北米
エコノミー 50,000 40,000 9,000  
プレエコ 65,000 60,000 59,000  
ビジネス 100,000     80,000
ファースト 140,000     110,000

★ANA

こちらは日本発着の世界各国へのANAの必要マイル数の表です。

出発地・目的地エリア クラス ローシーズン レギュラーシーズン ハイシーズン)
韓国
エコノミー 12,000 15,000 18,000
ビジネス 25,000 30,000 33,000
ファースト
アジア1
エコノミー 17,000 20,000 23,000
ビジネス 35,000 40,000 43,000
ファースト
アジア2
エコノミー 30,000 35,000 38,000
ビジネス 55,000 60,000 63,000
ファースト 105,000 105,000 114,000
オセアニア
エコノミー 37,000 45,000 50,000
ビジネス 65,000 75,000 80,000
ファースト
ヨーロッパ
エコノミー 45,000 55,000 60,000
ビジネス 80,000 90,000 95,000
ファースト 165,000 165,000 180,000
ハワイ
エコノミー 35,000 40,000 43,000
ビジネス 60,000 65,000 68,000
ファースト
北米
エコノミー 40,000 50,000 55,000
ビジネス 75,000 85,000 90,000
ファースト 150,000 150,000 165,000

 

マイルの単価とは?

10月21日(土)~10月28日(土) 成田~ニューヨークのANA便利用での往復価格で見て行きましょう。

★エコノミークラス 181,960円 (ANA)

★ビジネスクラス 1,209,870円 (ANA)

★ファーストクラス  2,296,460円(ANA)

 

それに対しての必要マイル数(レギュラーシーズン)

★エコノミークラス 50,000マイル

★ビジネスクラス 85,000マイル

★ファーストクラス  150,000マイル

 

マイル単価とは?

★エコノミークラス

181,960円 ÷ 50,000マイル=3.64円(1マイル)

★ビジネスクラス

1,209,870円 ÷ 85,000マイル=14.23円(1マイル)

★ファーストクラス

2,296,460円 ÷ 150,000マイル=15.30円(1マイル)

※ファーストクラスだとマイルの価値が1マイル15円以上にもなります。

 

 

せこいのではなく賢い

この上の数字を見て分かるとおり、ポイントとしての価値を考えると、1マイル=1円みたいな使い方が多いのですが、マイルとして使うといかに私たちが貯めているマイルというものが大きなインパクトがあるのか分かっていただけるかと思います。

 

私は声を大にして言いたい!

陸マイラーはせこいのではなく、賢いと!!

 

せこいのではなく趣味だ

1つ記事を書きながら考えたことがあります。

上記のようにマイル単価を計算して、いくら得をしたとかそういったことを皆さん書かれていたりすると思います。

私もその一人です。

 

これは確かにちょっとせこい風に見られてしまうなとw

でもこの計算をして利用するのは、せこいからではなく、きっともうみんなの趣味になっているんじゃないかと!!

 

 

まとめ

人それぞれ感じることはあると思います。

ただ私もマイルを貯めはじめて感じることは、利用方法に応じて普通のポイントなどと比べてかなりのインパクトがあるということです。

 

何もやらないでイメージだけでモノを語る人間は損をしているなと思います。

行動してみたらきっと分かると思いますよ!!!

 

多分後悔はしないと思います!!!!

 

 

他にもこんな記事を書いています! 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です