1年でファーストクラスで世界一周旅行も出来ちゃう誰でも貯められる陸マイル術!!

SMILE TRAVEL ~1年でファーストクラスで世界一周旅行も出来る誰でも貯められる陸マイル術!!~

旅行記や簡単に貯められるANAマイルとメインカードのSPG AMEXを利用した陸マイル術を提供していきます。

これが一番重要! ブログを書く上で大切にしたい5つのこと

【スポンサーリンク】

▼おすすめ記事▼ ■これを見れば分かる【SPGアメックス】紹介特典17,000スターポイントで何ができるのか?を徹底解説

■【ANA】気軽に行ける世界一周特典航空券【保存用】

■人生が変わる!? 私はこれで得をした、陸マイラーになって良かった11の理由


ブログランキングにワンタッチ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

f:id:openpensan:20170827123219j:plain

ブログをきちんと書きはじめて間もないので、今後も今の気持ちを大切にしていきたいと思い私がブログを書く上で大切にしていきたい気持ちを書き記しておきたいと思います。

 

 

自分の立ち位置を明確に

陸マイラー的なお話やホテルのお話など書く上で、私がどの立ち位置で物事を感じ、思っているのかが分からないと共感を得ることは難しいと思っています。

 

飛行機で言えば、

ビジネス・ファーストクラスは当たり前の人とエコノミーしか乗らない人

ホテルでいえば、

リッツ・カールトンクラスのホテルに定期的に泊まっている人と、基本は安宿にしか宿泊をしない人

 

書く人の目線と読む人の目線が同等であるからこそ共感し、違う目線だからこそ楽しみながら記事を読めるような気がしています。

 

私は普通の人間なので、一番需要が多そうですが(笑)、そこの目線を今後も大切にしていきたいと思います。

 

知識の共有は理解をして発信する

ブログは日記を書く人もいれば、世の中の情報を提供する、経験を発信していくなど色々あります。

私のように情報を提供するブログも書くことがあるのであれば、自分なりにも解釈していないと相手へは伝わらないと思っています。

まだまだ知らない事ばかりですが、例えばSPGアメックスで獲得できるスターポイントに関しては私なりには結構理解している方だと思い記事を書かせていただきました。

 

指摘が入り気づくこともあると思いますが、自分なりに理解をしているからこそ説得力が出てくるものだと思いますので、横流しすべき情報でない場合は、少なからず理解してから書くようにしていきたいと思います。

他の方の書いた新しい知識となる内容も、それをただスライドするのは失礼ですし、その新しい知識を自分なりに経験してみることや、解釈してから発信することで記事の重みが全然変わってくると思います。

 

 

マイナスな情報も伝えていく

どんなにいい話でも必ずネガティブな側面はあると思います。

伝えていく上で、私のブログからチャレンジしたことを後悔してほしくないのです。

最終的には自己責任という言葉で片付けてしまえばそれまでですが、情報を発信する立場でいうとネガティブなことも理解した上でチャレンジしていただきたいです。

 

私の求める最高のコメントは、当ブログで知ってはじめてチャレンジしてみました。

本当にやって良かったです。

ありがとうございました。

 

みたいなのです(笑)

 

人間味のあるブログを書く

私のブログではマイレージの貯める方法や旅行などそっちのネタにまつわる内容をメインに書いていますが、これから子供が出来たらきっと子育てや子供と行くおすすめのものなど今と状況は変わってくると思います。

また趣味や旅行のネタじゃなくても共有出来ることなどもたくさん出てくると思います。

もちろん多少の統一性は必要だと思いますが、そのためにカテゴリーがあると思っていますので、自分に無理なく人間味のあるブログを書いていきたいなと思います。

ネタがなくなるかもということもそうなんですが、そうしていかないとみんなが同じようなブログになってしまうと思いますので。

 

感謝の気持ちを大切にする

私はこちらのブログは知人には一切公開しておらず、一匹狼で書きはじめています(笑)

それなりの記事を書いてから、読者様が増えてからじゃないと恥ずかしいから友人に伝えられないというのが一番ですが、、、

 

師匠のような人もいませんが、マイルをこうやって貯めれるようになったのも、他の方のブログを見て知った知識です。

また今もたくさんの方の記事の情報を参考にして、自分の蓄えにしています。

 

ですので、そういった初心というか気持ちは今後も大切にしていきたいと思います。

 

経験値も浅く、1つずつ経験していくことを記事にしていくことしか今は出来ないのですが、これからも1人でも多くの方に見ていただけたらと思っていますので引き続き宜しくお願いいたします。 

 

 

【スポンサーリンク】